tokyometropolitanavernment

鈴木 淳 (Jun Suzuki)

第9回 「モノづくりから、ファンづくりへ」

鈴木 淳 (Jun Suzuki)

台東デザイナーズビレッジ 村長

千葉大学工学部工業意匠科卒業。1990年カネボウファッション研究所でプランナーとして、繊維、アパレル、生活用品などの分野で、消費者調査、商品開発、デザイン、プロモーションなどマーケティングを担当。
1998年独立後、生活者の不満を解消するファッションを普及させるNPO法人ユニバーサルファッション協会を設立。多数の零細企業への商品開発やプロモーション等の支援や、店舗や売場のバリアフリー化指導を行う。
現在は、日本で最も入居希望者が多いファッション系創業支援施設「台東デザイナーズビレッジ」村長(インキュベーションマネージャー)。
2004年の設立から、100社以上を3年間継続的な成長させてきたことで、独自の支援・アドバイス方法を確立。とくにモノづくり系企業やクリエイターなど小さな起業分野で、自分の好きなことや得意なことを基にした起業の指導に定評がある。
2019年ファッション分野での長年の創業支援活動が評価され、毎日ファッション大賞鯨岡阿美子(くじらおかあみこ)賞を受賞。

【著書】『好きを仕事にする自分ブランドの作り方』
    『自分を動かすスイッチの入れ方』
【編著】『「好き」を仕事にする働き方 東京下町のクリエイティブな起業』